2回法 【にかいほう】

1回法とは、インプラント治療の際にかかる外科処置(オペ)の回数が、2回必要な方法のことです。

埋入オペの後、埋め込まれた本体の上部を歯肉で完全に覆い、骨と結合するのを待ちます。
骨と結合したのちに上部構造と連結しますが、その際に、本体の頭部を露出する必要が生じます。
歯肉を切開し、頭部を出すための2回目のオペが必要となります。

1回法の場合は、頭部を歯肉で覆うのではなく、ヒーリングキャップという部品で封をします。
ヒーリングキャップを外すだけで上部構造との連結が可能になり、歯肉の切開を行う必要がありません。

用語集へ戻る