1回法 【いっかいほう】

1回法とは、インプラントにかかる外科処置(オペ)の回数が、1回で済むオペ法のことです。

インプラント体の埋入オペの後、ヒーリングアバットメント(インプラント頭部の保護、食片圧入の防止、歯肉形成の目的で一時的に使用されるパーツ)を設置します。
2回法のように、インプラント体の頭部が歯肉で覆われるわけではないため、歯肉切開のための2回目の外科処置(オペ)が必要ありません。

用語集へ戻る