矯正歯科とは 【きょうせいしかとは】

矯正歯科とは、歯科の診療科の一つで、不正咬合や顎変形症を治療する。歯科、小児歯科、歯科口腔外科とともに標榜科としても認められている。

矯正力により歯を移動させ、あるいは上顎骨、下顎骨の形態変化を起こすことで、審美性や顎口腔機能の回復やその予防を目的とする。
不正咬合は多くの疾患や機能障害の原因となり、これを取り除く矯正歯科の役割は大きい。
日本では、審美目的の矯正などでは保険が適用されないため、大体10万から100万円の費用が必要となる。アメリカ、ニュージーランド、イギリスなどでは保険が適用される。アメリカでは子供(特に女児の場合)は幼少期の間に矯正治療を行うのが普通である。

装置が目立つ、かっこ悪い、などと、見た目のことを真っ先にイメージしてしまう方もいると思います。
最近では透明な装置もあるので目立たない矯正治療ができるようになりました。

一部引用:wikipedia

用語集へ戻る