審美歯科の治療の流れ 【しんびしかのちりょうのながれ】

・審美歯科専門医に電話、メールでご相談、予約を行います。

・カウンセリング
インフォームドコンセントとは「治療前の十分な説明と同意」という意味で、非常に重視されています。

この際、審美歯科の施術内容などをご説明いたします。
患者さまが、どの部分を気にしていて、どのような治療をご希望なのかなど審美に関する希望、費用、治療方法、治療期間などをお聞きします。

当然、審美歯科の治療に関する不安などもご相談にのりますのでお気軽にお尋ね下さい。

その上で、検査結果をふまえた最善の治療方法を提案致します。

・検査

治療方法の選択と治療後の結果を正確に診断するために、現在の口内の状態を調べます。
おもな検査項目

低被爆デジタルレントゲン撮影
CT検査
歯型の採取
噛み合わせの検査
口腔内の写真撮影

・審美歯科を行います。
虫歯や歯石のクリーニングが必要であれば、それらお口の中の病気自体を治療することが先決です。組織に戻してから、治療計画に沿って審美治療を致します。

・術後検査
治療終了後、治療前と治療後の状態をチェックします。治療をした後の状態を維持するための管理方法、今後のメンテナンスなどについてお話していきます。

・定期検査
歯並びをきれいにして歯を白くしたとしても、普段の歯磨きを怠ってしまっては虫歯や歯周病になってしまいます。定期的な歯科の健診を受けましょう。クリーニングなどを行うことによって、きれいな歯を健康に保つことができます。最低でも半年に1度の健診をお勧めいたします。

用語集へ戻る