再石灰化 【さいせきはいか】

一度脱灰した歯質に唾液中のカルシウムイオンやリン酸イオンなどが再び取り込まれて石灰化することです。

唾液の緩衝作用などにより酸性になった環境が中和され、唾液中のカルシウムイオン及びリン酸イオンが過飽和になると、歯質に再びイオンが取り込まれる。その際、フッ化物イオン(F-)が存在すると、より結晶性が高く耐酸性のフルオロアパタイトが形成されます。

用語集へ戻る