キシリトール 【きしりとーる】

砂糖とほぼ同程度の甘さを持ち、カロリーは砂糖の75%ほどの甘味料の成分の名前です。
キシリトールの最大の特徴は、虫歯を予防することです。砂糖は虫歯の原因となる酸を作りますが、キシリトールはこの酸を作りません。
さらに虫歯の原因菌であるミュータンス菌の活性を弱めます。
またキシリトールを口の中に入れると、唾液がたくさん出て歯の表面を中和し、歯を酸から守ります。

用語集へ戻る