インプラント治療の流れ 【いんぷらんとちりょうのながれ】

一例

1.デンタル専門医ガイドのインプラント専門医に電話またはメールでの相談、予約を行います。


2.初診カウンセリング

患者様のお話をじっくり伺います。どのようなことでお悩みなのか、どのようにしていきたいのか、治療にかけられる時間や来院頻度はどの程度なのか、患者様がどのような方なのかを理解してから治療に入ります。


3.初診時検査

レントゲン写真を撮影します。必要に応じて口の全体写真だけではなく、頭蓋骨に対する顎の位置や背骨の状況、噛みあわせなども撮影します。また、虫歯、歯ぐき、歯石の状態を調べるために口腔内規格写真を撮影します。

4.応急処置

初診時に痛みがある方は、痛みを取り除く処置をします。患者さまとコミュニケーションを取りながら、治療を致します。

5.一次手術

あごの骨にインプラントを埋め込みます。術後、約3?6ヶ月の治癒期間をおくことでインプラントと骨が強い力で結合します。

6.二次手術

歯茎を開いて人工の歯を取り付ける準備をします。この状態で、歯茎が治るまで約1?2週間おきます。おきます。

7.人工歯を作製、装着

歯茎が治った時点で型を取り、人工の歯を作ります形や色などは患者さんに合わせて作製し、インプラントに取り付けます。

8.メンテナンスと定期健診

インプラントで治療した部分に限らず、口の中を衛生的に保つ必要があります。
ブラッシングの方法などについて適切な 指導を受け、また3?6ヶ月に一回程度の定期健診を受けて、インプラントや人工の歯の状態、噛み合わせを確認します。

用語集へ戻る