インプラントのデメリット 【いんぷらんとのでめりっと】

1.歯槽骨を切削する必要がある。稀に術後の後遺症を起こすことがある。

2.全身疾患がある場合など治療ができないケースがある。

3.骨から体外に直結する構造のため、天然の歯周組織と比べやや感染の危険性が高くなる。従って人工歯根を維持するためには、口腔衛生の管理と定期的な検診が必要となる。

4.保険外診療なので、かなり多額の治療費がかかる。

5.人口歯に破損やネジのゆるみなどが生じることがある。

用語集へ戻る