インプラントとは? 【いんぷらんととは?】

インプラントとは、歯の欠損を歯の機能を代用させる目的で、顎骨に埋め込む人工的な物質。
現在では、多くチタンが使われている。

インプラント体を手術的に顎骨に植えて、インプラント体表面と骨の結合を期待し、6週間から6カ月間の治癒期間があり、その上に人工歯冠・上部構造を何らかの方法で装着する一連の治療をインプラント治療と呼ぶ。

ブリッジや有床義歯と違って、天然歯の状態により近い機能・形態の回復が得られていることが多く、また周囲の歯を削ったり、それらに負担をかける必要がないため、インプラント治療を受ける人は近年、増加している。

インプラント治療にはしっかりした顎骨が必要なため、歯周病、破壊的な抜歯、長期間の可撤式義歯(入れ歯)の使用などで歯槽骨を喪失している人は、顎骨のほかの部分や腰などから骨を移植(自家骨移植)または、βTCPや脱灰乾燥した牛骨など(人工骨)を填入して、インプラントを埋め込む(歯科医は、「埋入=まいにゅう」と呼ぶ)土台となる骨を構築する手術を必要とする場合が多々ある。

一部引用:wikipedia




用語集へ戻る