アタッチメント義歯 【あたっちめんとぎし】

欠損部の近くの残存歯に冠(クラウン)や陶材冠(メタルボンド)などをかぶせて、そこに義歯を連結させる装置の事です。
安定性がよく、バネやバーを使用しないので、審美性に優れていて、違和感も少ないです。

用語集へ戻る